コーポレート・ガバナンスCorporate Governance

当社は、当社グループのグループ理念やビジョンを定め、公正な事業活動を通じた会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指しています。当社は、この実現に向けて、当社のガバナンスのもとで、各事業会社が連携を図りつつ自律的に経営することを基本的な考え方としています。この考え方の下、健全で透明性の高い経営を行うことが重要であると考え、経営の監督と執行の分離や社外取締役の招聘による経営監督機能の強化に取り組むなど、経営体制および内部統制システムの整備・運用に取り組んでいます。

体制図

ナビタス株式会社 体制図 ナビタス株式会社 体制図

運営体制の特徴

当社は、次の取り組みにより、コーポレート・ガバナンス体制の強化を図っています。

社外役員1名を起用し、独立役員として指定。

取締役会

グループ理念やビジョンの実現、当社グループの持続的な成長および中長期的な企業価値の向上を促すべく、当社グループ全体の戦略の策定・推進と、各事業会社の経営の監督を行うとともに、独立した客観的な立場から、経営陣および取締役に対する実効性の高い監督を行うことを役割としています。

取締役会の構成

経営企画・経理・財務・人事・総務などの重要業務や事業会社の経営に必要な知識・経験・能力を有する社内取締役と、非業務執行の立場から、幅広く客観的な監督と助言ができる社外取締役で構成しています。社外取締役には、専門的な知識や社内出身役員とは異なる経験から、会社経営に対して多様な価値観を提供し、取締役の職務執行の妥当性について客観的な監督と助言ができる人物を選任しています。

現在、社内取締役6名および社外取締役1名の合計7名で構成しています。この人数構成は、迅速かつ適正な意思決定にとって適正な水準であるとともに、経営の客観性と透明性の確保にとって適当であると考えています。

取締役会の実効性の評価

取締役会の実効性を高めるべく、少なくとも年1回、取締役会メンバーの自己評価アンケートを実施し、分析・評価を行い、抽出した課題の改善に取り組むことで取締役会の機能向上に努めています。

委員会やその他会議の機能と役割

構成 機能・役割
経営会議 取締役および
執行役員
業務執行に関する全般的な重要事項を審議

内部統制システム

当社グループは、取締役、執行役員および従業員が、コンプライアンス(法令等遵守)に根ざした公正で健全な事業活動ができるよう、業務の適正を確保するための体制の整備について取締役会で決議し、この決議に基づき内部統制システムを適切に整備・運用しています。また、年1回内部統制システムの整備・運用の状況を取締役会に報告しています。

IR情報