幅広製品の高速検査を実現!第3世代画像検査ソフトウエア誕生 ポーラービジョン

幅広・高速対応の新しい画像検査ソフトウエア

2022年、新しい画像検査ソフトウエアが誕生します!!

多くのお客様からのご要望にお応えするべく、これまで培ってきた技術をさらに発展・進化させ、「幅広印刷物への対応」「より高速な検査に対応」「グラビア印刷の微細見当ずれや、色差検出に対応」したソフトウエアを開発しました。
それが新世代画像検査ソフトウエア「PolarVision(ポーラービジョン)」です。

シリウスビジョンでは2010年に「FlexVision(フレックスビジョン)」を、2016年に「AsmilVision(アスミルビジョン)」をリリースし、シールラベル・ボトル・カード・ビジネスフォーム・軟包材・電子基板などの各種業界、データ校正・検版からインライン・オフライン検査機としての適用、そして印字・絵柄品質検査からバリアブル(可変情報)検査まで、多種多様なニーズにお応えし、高い評価をいただいてまいりました。

そこで培ったオンリーワンの画像処理技術を幅広印刷にも対応できるように再設計・再開発し、より高速・高精度な画像検査を可能としました。また、ビジネスフォーム・グラビア・電子基板など、それぞれの市場に合った操作画面をご用意し、誰もが使いやすい操作性を実現しました。

2022年春リリース、シリウスビジョンの「PolarVision」をぜひともよろしくお願いいたします。

ポーラービジョンの特長:1.幅広印刷対応 2.高速画像処理 3.用途別操作画面

グラビア印刷・フレキソ印刷に対応した画像検査システム

グラビア印刷やフレキソ印刷といった幅広製品の高速検査に対応できるよう、画像検査ソフトウエアの構造を見直し、大きく進化させました。

PolarVision:幅広→複数カメラ対応、データ量増・速度増→高速処理、グラビア印刷・フレキソ印刷

市場ごとに特化した操作画面
幅広製品に対する高速・高精度検査も実現した新世代画像検査ソフトウエア

測色機能(ΔE測定)

印字・絵柄部の外観品質検査と同時に任意の指定箇所の色濃度と色差を精確に計測する測色機能(ΔE測定)を搭載、色濃度を測定する専用の色差計が不要に!

本測色機能を用いれば、オペレーターが選んだ任意の箇所の色濃度を測定し、RGB・S・H・Gray、CMYK、XYZ、L*a*b、ΔEの17種類のデータ出力と記録・保存が可能です。

(測色箇所例:下図の赤枠4箇所)

画像検査の測色指定

 

各市場・検査分野に適した簡易操作画面

ビジネスフォーム・商業印刷・グラビア・電子基板など、それぞれの分野に特化した簡易操作画面をご用意しています。この操作画面を利用することにより、新たな品種を検査する場合でも誰でも簡単に検査条件を設定し、すぐに自動検査を実行できます(以下の操作画面はサンプルです)

ポーラービジョンの画面例

導入をご検討いただけるお客様や、少しでもご興味をお持ちのお客様は、ぜひお気軽に、まずはお問い合わせくださいませ!

照明の選定から搬送機の製作まで、すべてシリウスビジョンにご用命ください。

画像検査に関するお問い合わせ・ご質問はこちら