沿革History

シリウスビジョンの沿革

1966年10月

ホットスタンピングマシンの専業メーカーとして、『大平工業株式会社』(本社:大阪府大阪市)を設立。

1977年4月

パッド印刷機の製造販売開始。

1987年9月

『大平工業株式会社』から『ナビタス株式会社』(本社:大阪府堺市)へ社名変更。

1989年3月

株式店頭登録。

1994年10月

IMR事業(インモールド転写機および転写フィルム販売)を行う『エヌアイエス株式会社』(本社:大阪府堺市)を設立。

2004年10月

中国に特殊印刷機事業を行う『納維達斯机械(蘇州)有限公司』を設立。

2004年11月

社内ベンチャーを立ち上げ、画像検査ソフトウエア「ナビタスチェッカー」を開発。

2011年4月

画像検査事業(画像検査ソフトウエアおよび画像検査関連機器の開発販売)を行う『ナビタスビジョンソリューション株式会社』(本社:神奈川県横浜市)を設立。

2011年5月

第2世代画像検査ソフトウエア「FlexVision(フレックスビジョン)」を開発。印刷品質検査用画像検査機の販売を開始。

2012年11月

ベトナムに特殊印刷機と関連資材販売を行う『NAVITAS VIETNAM CO., LTD.』を設立。

2015年1月

操作性を高めた第3世代画像検査ソフトウエア「AsmilVision(アスミルビジョン)」開発。

2018年1月

AI開発会社『タクトピクセル株式会社』(本社:神奈川県横浜市)を設立。

2019年1月

タイに画像検査機販売を行う『NAVITAS THAILAND CO., LTD.』を設立。

2019年4月

持株会社化。国内事業を、『ナビタス株式会社』(本社機能・CSC事業・研究開発)、『ナビタス二イズ株式会社』(IMR事業・商品事業)、『ナビタスマシナリー株式会社』(装置事業)、『ナビタスビジョン株式会社』(画像検査事業)、『タクトピクセル株式会社』(AI開発事業)とする。

2020年3月

M&Aによりウェブ・クラウドソフトウエア開発を行う『株式会社ウェブインパクト』(本社:東京都千代田区)がグループ傘下入り。

2020年3月

IMR事業を譲渡し、本事業から撤退。

2020年4月

画像検査ソフトウエア開発会社『Willable株式会社』(本社:神奈川県横浜市)設立。

2020年7月

研究開発会社『VOSTEC株式会社』(本社:大阪府堺市)設立。

2020年10月

中国に、画像検査事業を行う『希瑞斯(上海)視覚科技有限公司』を設立。

2021年1月

『ナビタス株式会社』から『シリウスビジョン株式会社』へ社名変更。画像検査事業は「シリウスビジョン」ブランドとし、特殊印刷機事業は、「ナビタス」ブランドを継続。

2021年3月

中国の『納維達斯机械(蘇州)有限公司』を事業譲渡し、中国における特殊印刷機事業から撤退。

2021年11月

中国での事業展開を加速するため、『苏州誉阵自动化科技有限公司(Yuzen)』と資本業務提携。

2021年11月

DXクラウドサービス事業を行う『株式会社UniARTS』(本社:東京都中央区)を設立。

2021年12月

特殊印刷機事業を行う『ナビタスマシナリー株式会社』を譲渡し、本事業から撤退。

2022年4月

東京証券取引所における新市場区分「スタンダード市場」へ移行。

2022年8月

研究開発会社『VOSTEC株式会社』を吸収合併。

グループについて