沿革History

シリウスビジョンの沿革

1966年10月

ホットスタンピングマシンの専業メーカーとして、大平工業株式会社(本社:大阪市)を設立。

1987年9月

社名を大平工業株式会社からナビタス株式会社(本社:堺市)に改称。

1989年3月

株式店頭登録(現 東京証券取引所JASDAQスタンダード)。

2004年11月

ナビタス社内にて、社内ベンチャーを立ち上げ、画像検査ソフトウエア「ナビタスチェッカー」を開発。

2011年4月

画像検査ソフトウエアおよび画像検査関連機器の開発販売会社ナビタスビジョン株式会社(元ナビタスビジョンソリューション)を設立。事務所を横浜市鶴見区に置く。

2011年5月

第2世代画像検査ソフトウエア「FlexVision(フレックスビジョン)」を開発し、印刷品質検査用画像検査機の販売を開始。

2013年10月

画像検査事業拡大のため、タイに駐在員事務所と、大阪にサポートセンターを設立。

2015年1月

操作性を高めた第3世代画像検査ソフトウエア「AsmilVision(アスミルビジョン)」の開発開始。

2018年9月

画像検査機販売累計台数が1,000台を超える。

2019年4月、12月

画像検査製品と技術紹介のため、初の単独プライベートフェア「ナビタスビジョンフェア2019」を品川および京都で開催、総来場人数600名を超える。

2020年9月

画像検査製品と技術紹介のため、初のウェブイベント「ナビタスビジョンフェア2020(ウェビナー)」を開催、500名以上が視聴。

2021年1月

画像検査事業ブランド「ナビタスビジョン」を「シリウスビジョン」に変更。ナビタス株式会社を改称し、画像検査事業を主要事業とするシリウスビジョン株式会社が誕生。
中国市場に画像検査機を展開するために設立したシリウスビジョン上海(希瑞斯(上海)視党科技有限公司)が営業開始。

特殊印刷機事業の沿革とグループ各社組織の変遷

1966年10月

ホットスタンピングマシンの専業メーカーとして、大平工業株式会社(本社:大阪市)を設立。

1977年4月

パッド印刷機の製造販売を開始。

1987年9月

社名を大平工業株式会社からナビタス株式会社(本社:堺市)に改称。

1989年3月

株式店頭登録(現 東京証券取引所JASDAQスタンダード)。

1994年10月

インモールド転写機および転写フィルム販売会社エヌアイエス株式会社(本社:堺市)を設立。

2004年10月

中国蘇州に納維達斯机械(蘇州)有限公司を設立。

2008年10月

中国上海市に納維達斯机械(蘇州)上海分公司を設立。

2011年4月

画像検査ソフトウエアおよび関連機器開発・販売会社ナビタスビジョンリューション株式会社(本社:横浜市)を設立。後にナビタスビジョン株式会社に社名変更。

2012年11月

ベトナムに特殊印刷機と関連資材の販売会社NAVITAS VIETNAM CO., LTD. を設立。

2018年1月

AI開発会社 タクトピクセル株式会社を設立。

2019年1月

タイのナビタスビジョン駐在員事務所を法人化し、画像検査機販売会社NAVITAS THAILAND CO., LTD. を設立。

2019年4月

持株会社化。国内事業を、ナビタス株式会社(CSC事業・研究開発・管理)、ナビタス二イズ株式会社(IMR事業・商品事業)、ナビタスマシナリー株式会社(装置事業)、ナビタスビジョン株式会社(画像検査事業)、タクトピクセル株式会社(AI開発)とする。

2020年3月

M&Aによりウェブ・クラウドソフト開発会社である株式会社ウェブインパクトがグループ傘下入り。

2020年4月

画像検査ソフトウエア開発会社 Willable株式会社設立。

2020年7月

研究開発会社 VOSTEC株式会社設立。

2021年1月

画像検査事業ブランド「ナビタスビジョン」を「シリウスビジョン」に変更し、社名をナビタス株式会社から改称したシリウスビジョン株式会社が、画像検査事業を主要事業として継承。
特殊印刷機事業ブランド「ナビタス」は、ナビタスマシナリーが継承。

グループについて