シリウスビジョンセミナー(Zoom開催)

金融/情報/医薬/商業/工業印刷担当者向けセミナー

高い認識率と印刷品質検査を両立
シリウスビジョン
可変情報検査システムご紹介

スピーカー

シリウスビジョンセミナー スピーカー
検査一筋32年!
営業部担当部長
天沼 正

満員御礼ありがとうございました!

プログラム

10:00 – 11:00

【金融/情報/医薬/商業/工業印刷担当者向けセミナー】

高い認識率と印刷品質検査を両立
シリウスビジョンの可変情報検査システムのご紹介

このような方におすすめです

  • 金融商品、証券、個人情報が入ったカードの品質保証担当様
  • 商業印刷の品質保証担当様
  • 多面付された照合データの品質保証担当様
  • 製造番号などが印刷された製品の品質保証担当様
新型コロナウイルスのワクチン接種券、金券、請求書、税金の納付書をはじめとする商業印刷、会員カード、マイナンバーカード、製造番号の記載がある製品など、個人情報やデータの管理を含めた可変情報印刷に関しての検査ニーズが高まっています。
これらの印刷品に対して、高い読み取り認識率と安定した印刷品質を保証する自動検査機が必要となっています。

弊社は、2011年に起業後10年間で1,500台を超える印刷品質画像検査機を導入してまいりましたが、その内約300台が可変情報印刷の品質検査用です。

弊社の可変情報検査機は、文字認識(OCR)、文字照合(OCV)、文字・絵柄の印刷品質検査、バーコードグレード検証が同時に実行できる他社にない特長を有しています。

今回のセミナーでは、実機を使ったデモを行いながら、印刷工場の現場でどのように可変情報検査機が運用されているかを、具体的事例に基づいてご説明します。
さらに、上流工程のデータ管理の仕組みなどを含む可変情報印刷工程一連のシステムもご紹介します。