UniARTS

ビックデータ分析による
品質追求・不良流出防止へ
〜検査機データから始めるDX・AI実践〜

DXクラウドサービス事業を展開するUniARTSのオンラインセミナーです。

お申し込みはこちら


ビックデータ分析による品質追求・不良流出防止へ
〜検査機データから始めるDX・AI実践〜

ものづくりの現場には、様々なデータが埋もれています。
工場内で稼働している機械のセンサーデータ、製品の品質検査データ、機械の稼働状況、温度・湿度などの環境データなど……これらのデータを集約し分析するのは非常に困難です。昨今どの業種でも登場しているAIソリューションを活用するためにもデータを収集し活用できる状態にする必要があります。

DXが注目されている中、どこからどのようにスタートして良いかわからない状況に対して、検査機データから始めるDXソリューションを展開しております。

検査機データは品質に直結しており、品質を安定的にハイレベルで維持することができれば、お客様の満足度もあがったり、作業をするオペレーターの暗黙知を形式知化し、育成や日々の作業効率改善につながったりしていきます。品質という軸を定めた上で基幹システムで保持しているデータの連携を模索・実施していていくことにより、企業内のDXが加速していきます。

また、データ収集とAIの学習を同時に実施することができ、”AIを活用したい” と思い立ってからの行動ではなく先に準備を進めることが可能になります。AIの実証実験を進め、精度がよくなったり成果が出たら製造工程への適用に進めることができます。

本セミナーでは実際の活用事例なども含めてご紹介してまいります。
ご視聴お申し込みを、心よりお待ちしております。是非この機会をお見逃しなく!

UniARTS

株式会社UniARTS(ユニアーツ)

ものづくり現場のDXを推進するクラウドサービスを提供する、シリウスビジョンのグループ会社です。

>> UniARTS Webサイトはこちら

プログラム

開始時間 プログラム スピーカー
10:00〜 オープニング 大上 沙織(UniARTS開発メンバー 株式会社アットウェア)
10:05頃〜 UniARTSについて 重田 篤史(株式会社UniARTS 取締役 COO)
10:20頃〜 デモ・活用事例紹介 矢納 正浩(株式会社UniARTS 取締役 CTO)
10:50頃〜 質疑応答 重田 篤史・矢納 正浩・大上 沙織

※1時間〜1時間半を予定しておりますが、時間は多少前後することがございます。あらかじめご了承ください。

視聴お申し込みはこちら

申し込みフォームが表示されない場合はwebinar@siriusvison.jpまでご連絡ください。