卓上縦軸ロール検査機「S-Lab Lite」

シールラベル検査
SV-RL1000/1030
SV-RL1000/1030卓上ロールラベル検査装置「SV-RL1000/1030」SV-RL1000/1030SV-RL1000/1030

卓上縦軸ロール検査機

S-Lab Lite

最大幅
200mm

ワークサイズ

最小幅
30mm

ワークサイズ

最大径
350mm

ロール径

最大
50m/分

速度

ラインカメラ

ラインカメラ

CISカメラ

CISカメラ

業界最小の卓上型ロール検査機
コンパクトながら高精度検査可能、オペレーターに優しい静音設計

検査対象
シールラベル
フィルム
転写箔

製品特長

  • 1,510mm×710mmの卓上型コンパクトサイズ、オペレーターに優しい静音設計
  • 最大搬送速度50m/分(検査速度はラベルサイズや検査内容に依存)
  • 最大ロール幅200mm、ロール径φ350mmまで適用
  • 従来機のような長いリードテープまたは未検査ラベルは不要
  • カラー/モノクロラインカメラ、またはCISカメラ採用、高速高精度画像検査を実現
  • 画像検査ソフトウエアは「AsmilVision(アスミルビジョン)」または「FlexVision(フレックスビジョン)」から選択可能
  • ウィザード式簡易設定操作メニューで誰でも簡単に検査設定
  • ピンホール・欠け・はみ出し・かすれ・異物・傷などを安定検出
  • 見当ずれ・位置ずれ・抜きずれ・寸法・高精度計測が可能
  • 連番、バーコード、2次元コード、可変印字などの可変情報印刷(バリアブル印刷の検査)
    品質検査からバーコード検証(グレード判定参考値)まで
    可変・固定印刷品質検査、背景・絵柄品質検査、寸法計測を同時実行
  • シールラベル以外に転写箔ロールフィルム検査も可能

シールラベルに合わせた検査機能

高速ロールラベルの印刷品質検査を目的とした画像検査機
高速高精度ラインカメラを採用しており、微細欠陥(異物、文字欠け、はみ出し、にじみ、かすれ、ピンホールなど)を自動検出

  1. 1欠陥を検出した場合、欠陥検出ラベルが目視確認ステージ位置で自動停止します。
  2. 2PCモニターに欠陥検出ラベルの欠陥部の画像が拡大表示されます。
  3. 3目視確認ステージ位置で止まった実際のラベルと見比べ、その欠陥が不良かどうかをオペレーターが目視で確認します。
  4. 4目視確認の結果、不良ラベルであれば良品ラベルに貼り替えます。
  5. 5検査再開のボタンを押すと、貼り替えたラベルがカメラの位置まで自動的に巻き戻され、貼り替えたラベルから検査を再開します(貼り間違いがあった場合は、検査機が不良と判定し、目視確認ステージ位置で再度自動停止します)。
  6. 6上記の1から繰り返し、全数を検査します(未検査ラベルなし)。

シールラベル検査を支えるシリウスビジョンの基幹技術

過検出を極限まで抑え込んだ独自の高精度画像検査アルゴリズムで、
固定印刷検査と可変印刷検査(バリアブル印刷の検査)を同時処理します。

伸縮補正 輪郭ファジー ずれ許容
寸法計測 フィルター 移動差分 連続欠陥 継続特長量 マスク

AsmilVision(アスミルビジョン)

AsmilVisionは、シールラベル、銘板、ブランクス、ビジネスフォームおよび一般商用印刷検査に適しています。FlexVisionの高度な画像検査機能を引き継いでいますが、「誰もが簡単に使える」をコンセプトにしており、直観的に操作できるソフトウエアになっています。

PDF検版検査機能や色・見当の監視機能、ワンクリックで検査ピースの自動認識、検査エリアと検査レベル設定、伸縮補正と自動分割、そして検査実行まで全自動で行う「フルオート」設定など、先進の機能を備えています。

ウィザード選択

アスミルビジョン  AsmilVision

自動ピース検出

アスミルビジョン  AsmilVision

自動位置決め

アスミルビジョン  AsmilVision

欠陥検出

アスミルビジョン  AsmilVision

FlexVision(フレックスビジョン)

FlexVisionは、過検出を極限まで抑制する独自の検査アルゴリズムを含む2,000以上の高度な画像検査機能を搭載しています。この機能を自由に組み合わせて、標準的な固定印刷絵柄検査だけでなく、部分可変検査から、絵柄・数字・文字全てが可変する全可変検査(バリアブル印刷の検査)、更には、成形品・電子基板外観検査まで、幅広い分野の画像検査用途でご利用いただけます。

検版やカード検査、ボトル・容器検査といった各種用途ごとにウィザード式簡易設定操作ツール NEOが用意されており、検査設定も容易に行えます。

簡易設定

フレックスビジョン FlexVision

位置決め設定

フレックスビジョン FlexVision

ツリー構造

フレックスビジョン FlexVision

欠陥検出

フレックスビジョン FlexVision

検査ユニット

画像処理ソフトウエア(AsmilVisionFlexVisionなど)、カメラ・レンズ、照明、パソコン、画像ボード、I/Oボードおよび各機器のケーブルと電源などから構成される画像検査ユニットです。お客様の既存の生産ラインや機器、用途に応じて、最適なユニット構成でご提供します。帳票類などのビジネスフォームを印刷するフォーム輪転機に対しては、CISカメラを適用することで、表裏両面の高速全幅印刷検査システムが構築可能です。

基本仕様
型番 S-Lab Lite:SV-RL1000
S-Lab Lite(ドーム):SV-RL1030
S-Lab Lite-CIS:SV-RL1100
本体標準サイズ 1,510mm(W) × 710mm(D) × 610mm(H)
※ラベル装着用の円盤を含む、CISカメラ採用なら970mm(W)
検査対象サイズ ラベルサイズ:最大 200mm(幅)、ロールサイズ:最大 φ350mm(ロール径)
検査対象 シールラベル・フィルム・転写箔
搬送速度 最大 50m/分 ※検査速度はラベルサイズや検査内容に依存
採用カメラ ラインカメラ:カラー/モノクロ 2K(2,048画素)、4K(4,096画素)より選択可
※CISカメラも選択可
分解能 4Kラインカメラ使用時(視野200mm):49μm/画素
照明 S-Lab Lite:ライン照明 S-Lab Lite(ドーム):ドーム照明
検査レベル指定 5段階選択(例:厳しい、やや厳しい、普通、やや粗い、粗い)
※各検査条件はユーザー指定可能
検査内容 ピンホール、文字欠け、突起、にじみ、かすれ、異物、色むら、印刷位置、ラベル位置、見当ずれ、位置ずれ計測、傾きずれ計測、OCR(文字認識)、バーコード・2次元コードの認識・照合、連番検査、バーコード検証(グレード判定参考値)
検査結果確認 検査結果表示ソフトウエア AsmilSnap(アスミルスナップ)またはFlexVerify(フレックスベリファイ)
・欠陥箇所の拡大表示とあおり(ブリンク)表示 ・帳票出力機能(PDF)
・CSV出力機能 ・判定結果の記録、保存、確認変更とレポート
検査ソフトウエア AsmilVision(アスミルビジョン)、またはFlexVision(フレックスビジョン)から選択可能

オンラインデモいたします

シリウスビジョンの製品について、もっと詳しく知りたいお客さまへ
オンラインで当社ショールームとお繋ぎし製品ご紹介・デモンストレーションを行っております。
お気軽にお申し込みください。

オンラインデモ申し込み

製品一覧

検版システム
PDF・印刷物 大判検版システム「S-Scan LNC」
大判スキャナー型 検版システム「S-Scan B0/A0/A1」
フラットベッド型 検版システム「S-Scan A2/A3/A4」
連続検査 検版システム「S-Scan A3F/A4F」
容器検査
ボトル・円筒容器 印刷品質・外観検査装置「S-Bottle NV」
円筒/オーバル容器兼用検査機「S-Bottle Dual」
容器全面検査機「S-Bottle HB」
手動供給式容器検査機「S-Bottle Lite」
チューブ容器検査機「S-Bottle Tube」
基板/成形品検査
ステージ移動型 電子基板/特殊シート検査機「S-Stage」
カメラ移動型 電子基板/特殊シート検査機「S-Cam Line」
成形品検査機「S-Box」
シールラベル検査
逆転搬送可能 スリッター搭載横軸ロール検査機「S-Lab SSR-SB」
スリッター搭載横軸ロール検査機「S-Lab SL」
高速横軸ロール検査機「S-Lab HSY」
小型横軸ロール検査機「S-Lab MSY」
高速縦軸ロール検査機「S-Lab HST」
卓上縦軸ロール検査機「S-Lab Lite」
小型横軸ロール検査機「S-Lab SSV」
縦軸ロール検査機「S-Lab SST」
スリッター搭載可能 横軸ロール検査機「S-Lab SSR/S-Lab SSR-S」
手差し供給型枚葉検査機「S-Con Lite」
高速自動供給型枚葉検査機「S-Con Ⅲ」
カード検査
カード専用検査機「S-Ca Ⅲ」
高速カード検査機「S-Ca Lite」
ブランクス検査
高速両面ブランクス検査機「S-Blanks KSB」
検査ユニット
インライン用検査ユニット「S-Unit CIS/S-Unit エリア/S-Unit ライン」